上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.10 マナシールド

受けるダメージ量は「防御」「保護」という二つのパラメーターによって決まる。

ダメージ= (実ダメージ-防御 ) * (100% - 保護%)

防御が1pt上がれば、受けるダメージは1pt減る。
保護が1pt上がれば、受けるダメージは1%減る。

実ダメージが100pt以内なら防御の向上分が大きい。100pt越えれば保護の方が大きくなる。

しかし、保護を上げる手段はかなり限られている。最大でも20行くかいかないかだろう。これはダメージの軽減よりもクリティカルを食らう判定に「保護」が使われているため、保護を防御のように上げられるようになっていればクリティカルをまったく食らうことがなくなる・・・つまりペッカやアルビ上の敵のように自分達がなってしまいゲームバランスが悪くなるためだと思われる。

そのかわりに防御は80近く上げられるので、ダメージ軽減を目指すにはひたすら防御を上げることになる。しかし、スキルで上げるにしてもディフェンススキルを1ランク上げても防御+1と、あまり上がった気がしないのも確か。ランクを10上げても実ダメージが10減るだけだからね・・・

ところが!!

マナシールドはこんなしょっぱいディフェンススキルを遙かに越える性能がある。スキルランクF,Eまでは受けたダメージよりも消費するマナの方が大きいが、ランクDからは同等、ランクCからは消費するマナの方が少なくなる。特にランクC→ランクB で ダメージに対する消費マナが 91%→83%と軽減量の向上率はディフェンススキルの比ではないくらい高い。ランクC→ランク9 で ダメージに対する消費マナが 100%→67%と3ランクあげたら、マナ軽減率が30%も上がっている。防御力向上にかなり優れたスキルなのが解るだろう。マビにおける最大攻撃手段(しかも命中率100%)である攻撃魔法の源であるマナを消費するだけあって、その見返りはかなり大きい。

とはいえ純粋な近接士であればマナシールド用のマナがすぐに無くなってしまうだろう。マナシールドはスキルをあげることによってマナ自体も上げられるが、たとえ近接士でもWILL狙いのサンダーを取得すれば(AP消費がすごいが)マナが向上する。近接にこだわりがなければ、たまにワンドに持ち替えてもサンダーそのものの使い勝手は中級魔法でかなり良いので面白い。もうすこしマナが欲しいなと思ったらマジックマスタリも合わせてマナの確保を。

ちなみにマジックシールドはINT100以下ではダメージとマナの変換効率が悪くなる。できれば200は欲しいところだ。魔法スキルを上げていればINTも上昇するが、お勧めは音楽系スキル。スキルキャップがあったりランク1を目指すにはかなり大変だったりするが、とりあえず手っ取り早くINTを上げるには持ってこいのスキルだ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://qem.blog25.fc2.com/tb.php/68-adccd1e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。