上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突進スキル。敵に向かって一定距離を高速移動して弓ダメージを軽減する。敵に当たったとき、敵はひるむ。このスキルの重要な点は弓ダメージの軽減ではない。敵に衝突した際に敵がひるみ、スマッシュを打ち込むタイミングが生じることだ。

スマッシュは初撃か相手がディフェンスを使うか魔法を詠唱しているときを狙うかペット連携などで相手のタゲを外すかでないと、なかなか打ち込むことはできない。しかし突進によって自らスマッシュを打ち込むタイミングを作り出すことが出来るようになった。 ただジャイアントは盾がなくても突進できるうえ敵のひるむ時間も長いため容易にスマッシュが決まるが、人間キャラの場合は盾が必要かつひるむ時間もギリギリスマッシュが打ち込めるタイミングだ。エルフだと突進→スマッシュの連携は安定してはつながらない。

人間キャラの場合、盾を持つと装備できる武器は片手剣とハンマーなどの鈍器に限られる。二刀流が普通となった今では片手剣はいくらグラディウスが優秀とはいえ見劣りする。そこで俄然脚光を浴びるのがワンドだ!!(え?)

ハンマーは極めると8~87というダメージ幅を持ちバランス80となるためにDEX330は必要という素敵改造があるものの、いや、素敵だなあ・・・実に・・・(うっとり) と、ハンマーの魔力に取り付かれる前に、盾ワンドスマッシャーをここで提唱しよう。

文字通り盾とワンド、特にティカの木ヒーリングワンドを装備したスマッシュ主体の戦法だ。これの何が凄いかって、盾とワンドを装備することにより

 

・盾装備により突進スキルが使える。スマッシュのチャンスが増えるぞ!
・盾によるディフェンス効果UP。スパイダーソルジャーに殴られたって痛くないよ!!
・ヒーリングワンド装備によりマナシールドの効果UP 殴られてもマナの減少量が少なくなるぞ!!
・ワンド持っているのでメディテーションかけても走れるよ!!
・ダメージくらった後でもヒーリングワンドを持っているからヒールの効果UP
・ティカの木ヒーリングワンドの改造でマナ消費40%減となるので、IBやFB・LB撃ち放題。
・おまけにパーティーヒーリングなんて珍しいスキルを披露するチャンスが増える

という素晴らしいメリットが。ちなみにデメリットを挙げておこう。

・打撃につかうことによりワンドの耐久が早く落ちる。修理費が大変だ!!
・中級魔法は使えない(パーティーヒールが中級ま・・・げふんげふん)

 

まぁ、熟練上げしているんだと思えばこんなデメリットは誤差だろう。ワンドを装備して最大ダメージが100前後であれば、ペッカ・神秘矢といったキチガイじみた場所じゃない限り何の違和感もなく常用できると思う。途中で魔法カウンターに切り替えてもまったくOKという柔軟性も兼ね備えているからね。これでアルビ上でスパイダーソルジャーに殴りかかる姿なんてうっとりするじゃないか!!さぁ、盾とワンドを装備して、ヒャッホー!!とスマッシュを決めよう!!

 

なお、スマッシャーはカウンターで吹き飛ばされても泣かない。むしろその飛ばされている姿に芸術点をつけるぐらいの心意気。とにかく、ヒャッホー!!スマッシュだ!!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://qem.blog25.fc2.com/tb.php/64-09bea0f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。