上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.21 削る男

マビノギの乱数結果は均一で無いという話もあるが、回数が増えれば数値通りの結果に収まる。このように最初はバラバラな数値でも回数を重ねるとある一定の値になることを、サチレート(saturate)するという言葉を短縮して「サチる」と呼んでいる。

武器修理で成功しつづけるのはどんな確率か。まず50pt分全て成功する確率を求めてみると、アイデルンでも36%、ネリスで8%、エイレンで0.5%となる。つまりアイデルン修理で50pt分修理すれば、64%の確率で何ptかは削られるということになる。アイデルン修理が連続で成功して流石と思うことがあっても武器を使い続けて修理をし続ける限り事象はサチるので、確率分は必ず削れることになる。いきなり2ptアイデルンに削られたり経験を持つ人は多いと思うが、この連続成功の確率を覚えておけば少しは納得できるのではないか。高熟練が必要な武器改造を行う場合はその点を考え、高ランク鍛冶品をベースに求めることとなる。(実際は祝福による修理成功率向上効果を考えればもう少し良い結果か・・・)

mabinogi_2008_02_19_004.jpg
98%といえば聞こえが良いが、頼りになるんだかならないんだか・・しかしコイツに頼るしか術はないのだ

いずれにせよ削れ無しでグラディウス230式作るのはアイデルン修理が必須、あらかじめ削れ無し熟練100を購入する手もあるが、それでも改造までに130、さらに使い続けるとなるとやはりアイデルン修理をやりつづけることになるのでその出費に耐えられるだけの収入が確保できるか?という事に行き着く。

結局、通常はNPC買いグラを126式などで改造してネリス修理で使い倒してここぞといいうところで230式を出す、という運用になるかと。NPC買い前提で話しをしているが、鍛冶品でも同様。高い耐久値を熟練貯めるまで削れてもかまわないマージンと考えるか、末永くつかう一振りとして見るかはプレイヤー次第。

改造が終わったとしても修理して使い続ける限り、耐久は必ず落ちる。アップデートで予定されている「宝石修理」が導入されれれば最大耐久値が2戻るようだが、これも一回限りなので普段使う武器の延命にはちょっと物足りないな。

mabinogi_2008_02_19_003.jpg
間違ってもこの小娘に修理させてはいけない。

このように最大耐久が減ってきた場合、

1.エンチャント焼却してES抽出する
2.精霊修理用として使う
3.単純に精霊用のエサ

となるが、(1)は相応のスキルランクが必要となるし、抽出したESも下地を準備する手間もある。(2)もグラの場合は露店で熟練100のものが比較的安価に購入できるので(今のところ)供給に不安はない。ちなみに精霊修理用の場合は今現在の耐久値は関係ないので無駄に修理しないように。(耐久0で装備できないものでも精霊武器修理用として使える)

所詮アイテムは消耗品と考えれば割り切れるのだろうが、大切な一振りはできれば末永く使いたいもの。そのためにも、たとえいきなり削られてもアイデルン修理を続けることは、他の連中(ニッカか??)に任せるよりは良かったんだと納得する以外にない。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://qem.blog25.fc2.com/tb.php/42-f32a8c03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。