上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.31 マナシールド

近接・弓・魔法の種類にかかわらず、受けたダメージをマナに変換することによりhpにダメージが通らないという効果をもつスキル。当然、変換すべきマナが切れたらマナシールドは消滅してダメージはそのままHPの減少となる。受けたダメージに対して減少するマナの量はINTとマナシールドスキルによって決まる。メディテーションと同種類のスキルなようで、on/offを切り替えるタイプ。メディテーションしながらマナシールドもONできる。ワンドを持っていれば走れないというメディテーションのデメリットも解消でき、おまけにマナシールドの効果も上がるという。(しかしマナシールドを理由にワンドを武器として選択するのは得策ではないが)

 

敵の接近を許さない弓や魔法士にとっては、はっきりいって不要なスキル。特に魔法士にとってはダメージリソースの源であるマナをこれで消費する理由は見あたらない。マナエリを使用してもマナシールド中は通常の5倍の速度で使用時間が減っていく(最初からマナシールドonの状態でマナエリを使えば1分で終わり)から尚更だ。

 

真価を発揮するのは近接、しかもファイナルヒットとの相性は抜群。ファイナルヒットは自分・敵両方のノックバック・ダウンを無視して攻撃を連続して叩き込めるスキル。こちらの攻撃が絶え間なく当たるのと同様に、相手からの攻撃も受けてしまう。しかし受けたダメージをスキル発動中に自分では回復できないのが難点なので、受けたダメージをHPではなくマナに変換するこのマナシールドスキルはとても相性が良い。

 

マナシールドonの状態でウインドミルを行うと、HPとマナが同時に減少する。これは不具合とのことで韓国ではマナのみ減少するようになったらしい。ウインドミルは一回行う毎にHPの10%が削られていく。マナシールドの仕様が韓国と同様になれば、マナが尽きるまでHPの減少が無いという、これまた近接マンセ~な世界が訪れるわけだ。

 

ということで近接メインでも牽制用にしか魔法スキルを取得していなかったキャラでも、このマナシールドスキルのためにマナを確保する:-)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。